メニューを開く

ST TEACHERS INTERVIEW

臨床現場に
いるからわかること。
10年間の「経験」を伝えたい。

専門領域

摂食・嚥下障害/成人のコミュニケーション障害

中村 靖子

NAKAMURA YASUKO

私の教えていること

臨床現場にいるからわかること。
10年間の「経験」を伝えたい。
01

私はこの学校の前身となる大阪リハビリテーション専門学校の卒業生です。卒業してから10年間、広島、大阪、兵庫と3つの病院で言語聴覚士として働いてきました。これまでの経験から、臨床の現場では患者さん一人ひとりに合わせたリハビリテーションを実践してくことが大切なことを実感してきました。教科書に書かれていることは知識として必要ですが、あくまでスタンダードな症状の一例です。臨床現場ではそれが全てではありません。私は初めて配属された広島の病院で尊敬する先生に教わり、「現場力」を磨くことができたと感じています。

言語聴覚士の先輩である講師陣の経験をたくさん知ることで、いろいろな症例に対応できる力が身に付いていくはずです。資格取得までの2年間という短い期間のなかでですが、養成課程と臨床現場の橋渡しができるように、みなさんが即戦力になれるような知識と経験を教えていきたいと思っています。

STとして必要な力とは

病院で働くときに必要になるのは、
「マネジメント」する力です。
02

病院で働くときに意識して欲しいことは、患者さんをサポートしているのは自分一人ではなく、医師や看護師、理学療法士、作業療法士さんたちなど、多くのスタッフで構成された「チーム」で患者さんをサポートしているということです。そのためには、チーム内の意思疎通を図ることが不可欠。もしも、言語聴覚士に欠かせない力が何かと問われたら、私は「マネジメント力」と、答えると思います。たとえば、嚥下障害の患者さんをサポートするときは、まず、患者さんの状態を把握し、それから食事の内容や今後の方向性などをチームで話し合い、互いの思いを合わせていきます。もし、各々の思いの違いからスタッフの対応が異なれば、患者さんを不安にさせ混乱させてしまいます。

専門職として自分の意見を持ちながらも、まずは、チーム内の意見に耳を傾け、相手がどう思っているのかを知り、繰り返しコミュニケーションを図りながら互いの思いを合わせていくことが必要です。そうした「マネジメント」が患者さんにとって最良の対応につながっていくと考えています。

学生のみなさんへ

患者さんは、つねに気持ちが
揺れ動いているものです。
03

他の先生の言葉とも重なりますが、みなさんには寄り添える言語聴覚士になってもらいたいと思います。患者さんは入院している間、つねに気持ちが揺れ動いているものです。いつ家に帰れるのか不安になる方もあれば、体が思うようにならない自分のふがいなさに涙を流される方もいます。これまで大病をしたことがなくて、人の世話になることに抵抗があるあまり攻撃的になる方もいます。

私たちはそれを理解して接することが求められています。わかって接すれば、かける言葉や行動を変えることができます。患者さんの気持ちを支えるような言葉づかいに変えるだけで、患者さんとの信頼関係を深めることができる場面もたくさんあります。高齢な患者さんの場合は、人生の先輩ばかりですから尊敬の思いも忘れないようにしています。こちらが、患者さんの生きてきた時代の知識や情報を前もって勉強しておくことも会話する上で役立つでしょう。

もう一つ、学生の間にぜひやっておいて欲しいことがあります。それは文章を書く練習です。病院では患者さんが転院されるときに、これまでの状況を伝えるための報告書を書く機会や、他職種の方と一緒に勉強するカンファレンスの発表資料を書くことがあります。要点をまとめて的確に患者さんの状態や経過を伝えなくてはなりません。恥ずかしながら私は新人1年目のときに報告書を7回も書き直しました。次の病院に患者さんのことを伝えるものですから、不十分な内容では患者さんに迷惑がかかってしまいます。学生時代に、文章を要約する練習などをして磨いておくと、きっと現場で役立つと思います。

FROM ST TEACHER MESSAGE

中村 靖子先生

届けたい想い

理学療法士や作業療法士さんからよく言われる言葉があります。
「言語聴覚士は患者さんの話をじっくり聞くことができる存在だよ」と。
たしかに、訓練をするときは個室で患者さんと向き合います。
世間話もよくしますし、ときには悩みや愚痴を聞くこともあります。
それだけ、患者さんの気持ちの変化に寄り添う仕事だと思います。
患者さんの気持ちを聞くだけでなくて、私自身のことも話していくことで
まず、一人の人間として信頼してもらうことを心掛けています。
学生のみなさんとも、じっくり話すなかで、それぞれの未来を応援したいと思います。

中村 靖子