メニューを開く

教育情報

言語聴覚療法の対象となる障害は、失語症や高次脳機能障害、ことばの発達の遅れ、
声や発音の障害、聴覚障害など多岐にわたり、小児から高齢者まで幅広い方が対象となります。