メニューを開く

教育情報

国家試験対策

卒業生・修了生全員が言語聴覚士国家試験に合格。大阪保健医療大学だからできる行き届いた学習サポート。

PICK UP

平均合格率をはるかに超える全国トップの資格取得率。
“2年で必ずSTになりたい”という方に大阪保健医療大学は選ばれています。

18年連続 全国1

12年連続 合格率100%

全国平均68.9%

国家試験対策のポイント

  • POINT.1

    2年次進級と同時に領域ごとの実力テストを開始

  • POINT.2

    2年次後期には模擬試験(国家試験形式)などを5回以上実施

    ※全オリジナル問題/過去18年分のデータを蓄積

  • POINT.3

    各分野の国家試験対策授業を開催

  • POINT.4

    一人ひとりの弱点や学習レベルに合わせたグループ学習&個別対応

学生一人ひとりの学習レベルを考慮して、
柔軟にサポートできる体制。

苦手分野を克服するために、分野ごとの国試対策授業を行います。また、それぞれの学生の学習状況に合わせて、グループ学習や個別指導を柔軟に取り入れて試験勉強をサポート。言語聴覚士国家試験突破のために、あらゆる努力を惜しみません。

2年次進級と同時に始まる国家試験対策。
豊富な試験データを各種テストに活用。

さまざまな国家試験対策で全員合格を目指します。2年次になると領域ごとの実力テストを開始。2年次後期には、過去問題を分析して作成した国家試験形式の模擬試験などを5回以上実施。試験結果を分野別・学生別に分析し、過去18年分の試験データを指導に活かします。

「嚥下(えんげ)障害」とは、食べ物を上手く飲み込むことが出来ない障害のことを言います。
衣食住は人間の生活の基本です。言語聴覚士は生活の基本となる「食べること」をサポートします。