ST MAGAZINE

パンフレットやオープンキャンパスではわからない本学の魅力を伝えるためのスペシャルコンテンツ。

受験をお考えの方へ

For Candidates

メニューを開く

STの仕事を知る

言語聴覚士とは?

「言語聴覚士」という言葉をご存知でしょうか?一般の人には聞きなれない言葉かもしれません。
ここでは「言語聴覚士」という仕事について紹介します。

言語聴覚療法の対象は?

人と人が存在し、そこに生まれるコミュニケーション。
ことばがうまく出てこない。発音できない。声がでない。
耳が聞こえない。人とうまく関われない。
いろいろな原因でコミュニケーションが難しくなることがあります。
言語聴覚士は、コミュニケーションの障害に専門的にかかわります。
食べることは、生きること、楽しむこと、幸せを感じること。
食べ物を認識し、口に入れ、噛んで飲み込む。
それは、頭や喉、口などの巧みな機能と働きによって行われています。
言語聴覚士は、病気や加齢などで うまく飲み込めない、食べられない
「摂食嚥下障害」のリハビリテーションを行います。

コミュニケーションってなに?

身振りや手振り、表情、そして、ことば。人は、いろいろな方法で何かを伝え合っています。
「コミュニケーション」とは、そうした方法でさまざまな情報を伝え合うことを言います。
ことばは頭の中に蓄えられており、話し手は伝えたいことを頭で単語や文にし、喉や口で音声を作って発します。相手はそれを耳で聞き、頭で意味を理解し、そしてまた伝えたいことがうまれる―。誰かが何かを伝えて、誰かがそれを受け取る。スピーチチェーン(ことばの鎖)と呼ばれるこの連鎖が「会話」ですが、この鎖のどこが途切れても話して伝えあうことはできません。
気持ちや考え、意思、出来事、伝えたいことはたくさんありますね。
「分け合う」、「共有する」というのが「コミュニケーション」の語源ですが、人はもともと、そうしたいという感情をもつものなのかもしれません。

ご飯を食べるのはなぜ?

骨や筋肉、血液など私たちの体はすべて栄養を摂取することで成り立っています。そして、その体を動かしたり、内臓や脳を働かせたりするためにはエネルギーが必要です。その栄養やエネルギーを摂るために私たちは食事をします。
食べ物を食べ物と認識し、口に入れて咀嚼し、飲み込む。毎日毎日、朝、昼、夜…。生まれたその時からずっとその営みは続きます。しかし、「食べる」ことは生命維持だけではなく、いろいろな広がりがある行為です。おいしいものを味わっておいしいと感じること、一緒に食べて楽しいと感じること、食べ物を得てありがたいと思うこと、おいしいものを見つけてうれしいと感じること、楽しみや喜び、感謝がそこにはあります。食べることは、気持ちを満たすことでもあるのです。

言語聴覚士(ST)とは

理学療法士及び作業療法士法は1965(昭和40)年に制定されましたが、1997年に成立し、1999年に第1回国家試験が行われ、言語聴覚士が誕生しました。

言語聴覚士法には、「言語聴覚士とは、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう」と定義されています。さらに同法では「嚥下訓練、人工内耳の調整その他厚生労働省令で定める行為」を診療の補助行為として認めています。

言語聴覚士が専門的に対応する障害は、失語症、高次脳機能障害、言語発達障害、聴覚障害、音声障害、構音障害、摂食嚥下障害など多種多様であり、これらの障害に対して、評価・訓練・指導・援助を行っていきます。

言語聴覚士には、幅広い教養と専門的な知識・技術に加え、科学的思考力、コミュニケーション力、問題解決力、専門職としての資質向上のための自己研鑽力、人との良好な関係を築ける連携力、医療職としての倫理観などが求められます。 言語聴覚障害には「障害が外からはみえにくい」、「自分の障害を言葉に出して説明できないために周囲から誤解を受けやすい」という特徴があります。言語聴覚障害がある人々に対し、機能の最大限の回復をはかるとともに、行動の変容、代償、補償を行い、生活の質の向上をはかり、自立と社会参加を支援することが言語聴覚士の社会的責任です。

リハビリテーションとは

リハビリテーションの語源は、re(再び)+habilis(適した)+ation(にすること)。もう一度その人にふさわしく望ましい状態にすることです。それは、失った機能を訓練で回復させることだけではありません。その人がその人らしく生き、「生活の質、人生の質(quality of life = QOL)」を上げていけるよう働きかけること、そのすべてがリハビリテーションです。理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がそれぞれの分野で専門性を発揮しています。
Check!
リハビリテーションとはその人らしい豊かな人生を送れるようにすること。
たとえ障害があっても、残された能力を最大限活かし、その時点を出発点として、新たな視点、新たな能力を得ながら「適した状態になること(habilitation)」が重要です。医学的なリハビリテーションだけでなく、職業(就労)や教育、社会へむけたリハビリテーションなど広い視点からその実現に取り組むことが必要です。

ますます広がる活躍のフィールド

言語聴覚士の就職先として最も多いのが「医療機関」です。大学病院や総合病院などのほか、リハビリテーションを専門に行うリハビリテーション病院や診療所、クリニックなどがあります。多くはリハビリテーション科に所属し、コミュニケーション障害や嚥下障害などの検査や訓練を行いますが、耳鼻咽喉科や歯科、口腔外科などでも言語聴覚士が求められています。
近年、ますます言語聴覚士の需要が高まっているのが訪問リハビリテーションです。訪問リハビリテーションでは、リハビリテーションが必要であると主治医が判断した方のご自宅に訪問し、ひとり一人の状態やご家庭の環境に合わせて、食事やコミュニケーションの評価や訓練、支援を行い、生活の質を高めることを目指します。また、介護老人保健施設では、介護を必要とする高齢者の方が自宅での生活を目指しリハビリテーションを行っています。理学療法士や作業療法士をはじめ、介護にかかわるスタッフと連携しながら活動します。
言語聴覚士が対象とするのは大人だけではありません。児童発達支援センターや特別支援学校、放課後等デイサービスといった小児を対象とする施設でも言語聴覚士が求められています。こうした施設では、ことばや聴こえ、コミュニケーションに障害を伴う子どもの発達を支援することが大きな役割です。また、保育所や学校の先生に助言をしたり、ご家族からの相談にのったり、適切なアドバイスを行ったりすることも求められます。
言語聴覚士は、今後もさらなる活躍が期待されています。
  • 医療施設

    • 大学病院
    • 総合病院
    • 一般診療所
    • リハビリテーション専門病院

    など

  • 高齢者福祉・保健領域

    • 訪問看護ステーション
    • 特別養護老人ホーム
    • 介護老人保健施設
    • 通所介護・通所リハビリテーション
    • 身体障害者福祉センター

    など

  • 教育・こどもの福祉

    • 特別支援学校
    • 児童発達支援センター
    • 放課後等デイサービス
    • 幼稚園、保育所、認定こども園、小学校、中学校

    など

  • 行政機関

    • 保健所
    • 保健センター
    • 都道府県庁
    • 市町村役場

    など

  • その他

    • コミュニケーション機器関連企業
    • 言語聴覚士養成所