メニューを開く

教育情報

就職支援 / 就職後のサポート

医療・福祉などさまざまな分野への豊富な就職実績。豊富な求人で一人ひとりの進路をサポート。

就職支援

  • ベーシックマナー講習(1年次)

    外部の専門機関から講師を招き、挨拶の仕方、礼の仕方、電話応対の仕方など、臨床実習や実際に医療機関などの現場で働くために必要な基本的マナーを習得します。

  • 就職ガイダンス(2年次)

    2年生の4月に、就職活動の進め方や受験を検討している医療機関とのやりとりの仕方などについて、専任教員が詳しく説明します。

  • 就職準備セミナー(2年次)

    外部専門機関の講師による模擬面接や履歴書の添削指導など、就職活動を進める上で重要なポイントとなる事柄について、実践的に学びます。

  • 採用試験情報の蓄積

    病院や施設によって採用試験の形式や内容はさまざまです。専攻科で蓄積した情報から、就職試験の準備をする際のアドバイスも行っています。

  • 専任教員による個別サポート

    2年次に実施する就職希望アンケートをはじめ、専任教員が就職活動の進捗情報を共有しますので、個々の学生が検討している進路について随時相談が可能です。また、就職活動は年間を通じた活動であるため、履歴書の添削や面接の練習、お礼状の表現指導などを個別に実施しています。さらに、必要に応じて卒業生・修了生に問い合わせを行い、学生とつなぐこともあります。

1997年に国家資格となった言語聴覚士は、毎年1,500名程度が国家試験に合格し、
有資格者数は2012年には2万人を超え、2019年3月には約3万3千人(32,863人)になっています。

就職サポート

圧倒的な求人数と求人倍率

POINT

600名以上のSTを輩出している大阪保健医療大学(前身 大阪リハビリテーション専門学校含む)。卒業生・修了生の臨床現場での活躍もあり、全国の病院や福祉施設から高い評価を受け、毎年多くの求人をいただいています。

就職活動の流れ

就職実績

  • 就職先の内訳

    POINT

    全国の医療・福祉施設等から寄せられる
    多数の求人と抜群の就職率。

  • 地域別の内訳

    POINT

    近畿圏内に約8割が就職。
    公務員やUターン就職もあり。

就職後も学びの場を提供。
充実の卒後サポート。

学び続けることが必要なST。
手厚い支援を修了生に

日進月歩の医療現場では、常に学ぶ姿勢が求められます。大阪保健医療大学は修了生に対し、常に最前線で活躍できるよう多面的なサポートを行っています。