ST MAGAZINE メニューを開く
Tag List

#言語聴覚士の仕事

  • Q

    言語聴覚士と臨床心理士の違いは何ですか?

    A

    言語聴覚士は主にコミュニケーション障害や摂食嚥下障害に対して評価や訓練、助言、指導などのリハビリテーションを行います。臨床心理士は心理的な問題に対してカウンセリングや心理療法を行う専門家です。 言語聴覚士と臨床心理士はどちらも医療や健康分野において、それぞれの専門知識とスキルをもって対象者の方を支援します。

    関連リンク

  • Q

    作業療法士と言語聴覚士はどちらが難しいですか?

    A

    2024年に実施された国家試験合格率は、理学療法士は89.2%、作業療法士は84.1%、言語聴覚士は72.4%でした。求められる専門性に違いがあり難易度を何かで示すことは難しいと思われます。いずれの資格も対象者の方が生活される上で非常に重要で必要とされている職種です。。

    関連リンク

     

  • Q

    言語聴覚士の特徴はなんですか?

    A

    「話すこと」、「聞くこと」、「食べること」に障がいをおもちの方に評価や訓練、助言、指導を行います。赤ちゃんから高齢者まで幅広く、さまざまな疾患の方が対象となります。専門的な知識や技術をもち、障がいをおもちの方に寄り添い、その方のこれからを一緒に考え、最善の時間を過ごせるよう考えていきます。

  • Q

    言語聴覚士はどんな職業にあたりますか?

    A

    言語聴覚士は、医療や福祉、教育現場で活躍する対人援助職です。言語聴覚士は、話すこと、聞くこと、食べることの機能回復を目指してリハビリテーションを行うだけでなく、障害を抱え不安を感じておられる対象者やそのご家族に、リハビリテーションを通じて前に進む気持ちをもてるようサポートする存在でもあります。

     

  • Q

    言語聴覚士は何をするの?

    A

    言語聴覚士は、話すことや聞くこと、食べることなどコミュニケーションや飲み込みの障がいに関わる仕事です。専門的な知識や技術を身につけた専門家として、障がいをお持ちの方の生活がより豊かなものになるよう考えリハビリテーションを行います。 機能的なリハビリテーションだけではなく、対象者の生活を意識した支援を行うことが大切です。



なんでも言語聴覚士 Q&A